小規模企業の支援に関すること

東京都では、中小企業の中でも特に小規模企業者(※)の経営の安定を図るため、中小企業支援機関(商工会、商工会議所等)と連携し、各種小規模企業支援事業に取り組んでいます。

※小規模企業者とは、常時使用する従業員が20人以下(商業及びサービス業は5人以下)の企業者を指します。

経営改善普及事業

商工会、商工会議所に配置されている経営指導員が、経営のあらゆる分野の相談に応じています。
また、記帳については記帳相談員による指導、事業承継や事業継続については都内6箇所に整備された支援拠点のコーディネータ及び専門家による支援を行っています。

中小企業活力向上プロジェクト

商工会・商工会議所の経営指導員と中小企業診断士が企業を訪問して経営診断を行い、経営課題の発見(気づき)から短期・中長期の課題解決までを切れ目なく一気通貫に支援します。

 ・改善支援コース

  経営診断を受けた企業のうち、短期的な課題の解決や紹介された施策の利用に向けた支援が必

  要な企業に対して、専門家を派遣します(※1社あたり年2回まで)。

 ・成長アシストコース

  経営診断を受けた企業のうち、中長期的な課題解決が必要な企業に対して、専門家を派遣し

 (※1社あたり年9回まで)、課題解決に向けた事業計画の策定を支援します。

上記支援事業に関するお申込み、お問合せ

上記支援事業に関するお申込み、お問合せはお近くの商工会、商工会議所へご連絡ください。各商工会、商工会議所のリンクはこちら

事業に関するお問合せ

東京都産業労働局商工部
地域産業振興課
電話:03-5320-4757