起業家による空き家活用モデル事業

  東京都は、平成30年度から空き家(戸建て住宅)を活用した事業プランを考える起業家を支援するため、空き家活用モデル事業を開始いたします。

【事業の全体像】

1 コーディネーター設置事業について

 起業家が空き家を活用した事業プランを考える際に、空き家物件に関する相談を受け付ける窓口を民間事業者から募集し、審査の上、コーディネーターとして採択します。採択事業者には補助金による支援を実施します。

募集概要(募集は終了しました)

申請資格 宅地建物取引業法(昭和27年6月10日法律第176)第3条に基づく宅地建物取引業の免許を有する法人

コーディネーター

が行う事業内容

  1. 無料相談窓口の設置及び相談員の配置。(平成30年6月頃~平成31年3月中旬頃まで)
  2. 起業家が空き家を活用した事業プランに適した空き家物件を探す際の相談対応。
  3. 前項の相談内容に適した空き家物件の紹介
  4. 起業家と空き家所有者間の賃貸借契約等の締結に向けた各種調整
  5. 起業家からの相談内容を報告書に取りまとめ、東京都に提出

補助対象経費

コーディネーターが行った相談対応等に関する報告書の提出件数に応じて補助金を交付します。

※詳細は、募集要項をご参照ください。

補助対象期間

補助金交付決定の日から平成31年3月31日まで

上限額

100万円/コーディネーター

採択件数 5社程度


応募方法(応募は終了しました)

応募書類の提出方法

都庁へ持参の上、提出してください。(郵送不可)

応募書類の提出期間

平成30年4月23日(月)から4月27日(金)まで

※平成30年4月16日(月)から4月26日(金)の間に、提出日時を電話で事前予約してください。

※受付時間は9時から12時及び13時から17時です。

応募書類の提出先及び

事前予約の連絡先

東京都産業労働局商工部創業支援課

東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎20階中央

TEL 03-5320-4749



採択事業者

 以下のとおり、採択者事業者が決定しましたのでお知らせいたします。
事業者名 紹介可能エリア 利用方法

有限会社エムアンドエムプランニング

江東区、足立区

相談窓口について(エムアンドエム).pdf

小田急不動産株式会社

小田急線沿線を中心

相談窓口について(小田急不動産).pdf

株式会社タウンキッチン

小金井市近辺を中心とした東京都郊外

相談窓口について(タウンキッチン).pdf

東京急行電鉄株式会社

東急線沿線エリアを中心に提携会社の営業エリア

相談窓口について(東急電鉄).pdf

株式会社プレアデス

八王子市および近隣多摩地域

相談窓口について(プレアデス).pdf

ミサワホーム不動産株式会社

都内全域

相談窓口について(ミサワホーム).pdf

株式会社レオパレス21

東京23区全域・多摩地域一部対応不可

相談窓口について(レオパレス21).pdf

※東京都が空き家物件の紹介を保証するものではありません。また、空き家所有者との成約等が成立した場合は、各社の規定に基づき、原則、仲介手数料等が発生します。

2 起業家からの空き家を活用した事業プランの募集等について

 空き家の「新たな利活用モデル」となりうるすぐれた事業プランを都内起業家から募集し、空き家の利活用に有効と認められる事業プランを審査の上、採択します。採択後は、各種支援を実施します。

募集概要

申請資格

・都内の中小企業者の内、法人登記を行ってから5年未満の法人や開業の届出を行ってから5年未満の個人

・法人登記を行ってから5年未満の都内の特定非営利活動法人

※法人の場合は本店の所在地もしくは主たる事務所が都内に登記されている必要があります。

 個人の場合は所在地を主たる事業所等が都内に届出されている必要があります。

応募対象となる

事業プラン

  1. 新たな空き家(戸建て住宅)の利活用としてモデルとなるような事業プラン。
  2. 平成31年度中に事業プランを実施する見込みが立っていること。

  3. 活用する空き家が具体的に決まっており、実施する事業内容について空き家所有者から合意を得ていること。

  4. 活用する空き家が過去概ね1年程度使用実績がないこと。

  5. 活用する空き家の建物所有者と土地所有者が同一であること。

  6. 平成30年中に空き家を活用する権利関係の確定が見込まれること。

  7. 各種法令に適合していること。

  8. 事業プランを実施することについて、近隣住民等の理解を得られている、または得られる見込みがあること。

 ※ 申請時点で既に事業として実施しているものは対象外となります。

起業家への

助成金

・採択された場合、(公財)東京都中小企業振興公社で実施している創業助成事業の申請資格を得ることができます。

・その場合、平成30年度第2回創業助成事業への申請扱いとなり、公社内で実施する審査の一部が免除されます。

・創業助成事業の申請受付時期は12月上旬を予定しております。概要は以下のとおりです。

 助成対象期間:交付決定日から1年以上最長2年

 助成限度額:300万円(下限100万円)、助成率:3分の2

 対象経費:従業員人件費、賃借料、広告費等、創業期に必要な経費の一部

事業プラン

の採択件数

2件程度
※その他の詳細は、募集要項をご参照ください。

応募方法

応募書類の提出方法

都庁へ持参の上、提出してください。(郵送不可)

応募書類の提出期間

平成30年9月10日(月)から9月28日(金)まで

※平成30年9月3日(月)から9月27日(木)の間に、提出日時を電話で事前予約してください。

※受付時間は9時から12時及び13時から17時です。

応募書類の提出先及び

事前予約の連絡先

東京都産業労働局商工部創業支援課

東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎20階中央

TEL 03-5320-4749



事業説明会

事業の詳細等について説明会を開催します。 

開催日時

平成30年7月6日(金)10時30分から12時00分まで。

開催場所

Startup Hub Tokyo(東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル1階)

参加方法

以下のメールアドレスに、必要事項をテキスト形式で送信してください。

S0000474(at)section.metro.tokyo.jp ((at)を@に変えてください)

※参加証等は発行しませんので、メールを送信の上、当日そのままお越しください。

必要事項  ①会社名、②参加者氏名(全員)、③連絡先電話番号、④連絡先メールアドレス

申込期限

平成30年7月4日(水)正午

※応募に対し、参加必須ではありません。

募集要項等ダウンロード

申請書類の作成に当たっては、記入例をご参照いただき、誤りのないようにしてください。

なお、これらの様式以外にも提出していただく必要のある書類がありますので、ご注意ください。

募集要項

【H30募集要項】起業家による空き家活用モデル事業.pdf

創業助成事業(起業家による空き家活用モデル事業採択者向け)募集要項

創業助成事業募集要項_空き家活用モデル事業用.pdf

創業助成事業に関するQ&A

創業助成Q&A 空き家活用モデル事業用.pdf

申請書、事業計画書(記入例)

記入例.pdf

申請書、事業計画書(①~⑤)

10 ①申請書(申請書、事業計画書(1)、(2)①~⑤).doc

申請書、事業計画書(⑥~⑩)

11 ②申請書(事業計画書(2)⑥~⑩).xlsx

誓約書

誓約書.docx

承諾書

承諾書.docx

申請に必要な書類及び申請前確認書

申請に必要な書類及び申請前確認書.doc

提出書類についての注意事項

提出書類についての注意事項.pdf

(参考)日本標準産業分類一覧(中分類)

日本標準産業分類一覧(中分類).pdf

〇創業助成事業に関しては以下にお問い合わせください。

 公益財団法人東京都中小企業振興公社 事業戦略部 創業支援課 創業助成係

 〒100-0005 千代田区丸の内 2-1-1明治安田生命ビル低層棟 2階

 TEL:03(5220)1142

3 空き家所有者への補助金について

 「2 起業家からの空き家を活用した事業プランの募集等」で採択された事業プランに空き家を提供した所有者に管理費相当額(固定資産税、都市計画税)を補助します。

概要

補助対象者

「2 起業家からの空き家を活用した事業プランの募集等」で採択された事業プランに空き家を提供した所有者。

補助対象経費等

管理費相当額(固定資産税、都市計画税)。

補助期間

事業プランが採択された翌年度から最大3年間。

補助率

1年目:10分の10、2年目:3分の2、3年目:3分の1。



お問い合わせ

東京都産業労働局商工部創業支援課
住所:東京都新宿区西新宿2丁目8番1号 電話:03-5320-4749