東京都ベンチャー技術大賞                 (世界発信コンペティション(製品・技術部門))

東京都は、東京の産業の活性化と雇用の創出を図るため、ベンチャースピリットに富む中小企業が開発した、革新的で将来性のある製品、技術を表彰しています。

平成28年度から、東京都ベンチャー技術大賞は、世界発信コンペティション「製品・技術(ベンチャー技術)部門」として実施していきます。

2016年受賞企業

副賞として、以下の賞金を贈呈

大賞 300万円 優秀賞 150万円 奨励賞 100万円 特別賞 50万円

表彰対象

都内の中小・ベンチャー企業等が開発事業化した製品・技術やサービスで、次の各号に掲げるもの

  1. 革新的で将来性のある製品・技術、サービス分野.png
  2. 技術・製品・サービスの開発が終了しているもので、日本国内において自社名義で販売又は提供を開始しているもの
  3. 商品化後5年を経過していないもの

世界発信コンペティションの募集について

平成29年3月6日(月)より5月26日(金)までの間にご応募いただけます。

  募集要項

【製品・技術(ベンチャー技術)部門】

  応募用紙記入例

【サービス部門】

  応募用紙記入例

※詳細は、世界発信コンペティションホームページをご覧ください。

過去の受賞企業の一覧

ロゴマークが受賞製品PRに使用可能となりました!

東京都ベンチャー技術大賞 ロゴマーク

東京都ベンチャー技術大賞ロゴマークの商標登録が完了し、受賞製品等のPRにロゴマークを使用することが可能となりました。詳細は産業労働局商工部創業支援課までお問い合わせください。

ロゴマークのデザインについて

このマークは、産業技術大学院大学教授(インダストリアルデザイナー)福田哲夫先生のデザインによるものであり、ベンチャー技術のアイデア発想の源である「何事にも興味を持ち素直に感動する心(!)」と「その理由について探求する心(?)」を「感嘆修辞疑問符(‽:インテロバング)」に託しモチーフとしています。

九都県市首脳会議における「きらりと光る産業技術」の表彰について

首都圏の優れた企業・団体等及びその産業技術を首都圏共通の財産として九都県市で共有し、首脳会議で紹介するとともに、戦略的に情報発信するため、平成28年10月26日に開催されました第70回九都県市首脳会議において、「九都県市のきらりと光る産業技術」の表彰が行われました。東京都からは昨年度のベンチャー技術大賞の大賞受賞企業を推薦いたしました。

お問い合わせ

産業労働局商工部創業支援課
電話:03-5320-4763

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader