都内産農林水産物を使用した料理コンクール 




 東京都では、都内産農林水産物の良さを都民の皆様にPRし、消費拡大を図るために、東京にある多種多様な優れた農林水産物を使用した公募による料理コンクールを開催しました
 第3回目を迎えた料理コンクールでは、全体的にレベルが高く接戦の争いとなり、最優秀賞と優秀賞以外に、審査員のご好意により、急遽「審査員特別賞」を設けて表彰することとなりました。

募集内容

次の要件を満たす料理のレシピとします。

料理のテーマ : 地産地消のおもてなし 〜都内産農林水産物を使ったお昼ごはん〜

都内産農林水産物を使用した料理であること。(品数の制限はなし)

独自に創作した料理であること。

旨み調味料、合成甘味料、保存料、合成着色料は使用しないこと。

最終審査に進んだ場合、審査当日、オープンキッチンで審査員に対して料理を提供することが可能であること。

最終審査会場での調理に要する時間が概ね1時間以内であること。


 最終審査は、11月18日(日)に学校法人服部学園 服部栄養専門学校で開催しました。


※都内産農林水産物とは、都内で生産されている農林水産物とします。なお、TOKYO Xについては、東京都外で肥育しているものを含みます。

※都内産農林水産物については、「東京農業ウェブサイト」(
http://www.tokyonogyo.jp/)等で紹介しています。 

※都内産農産物については、JA(農業協同組合)や農家の直売所等で扱っています。JA直売所については、JA東京中央会のHP(
http://www.tokyo-ja.or.jp/)に掲載されています。

※TOKYO Xの取扱いについては、以下のHPをご参照ください。
 潟~ートコンパニオン
(http://www.meat-c.co.jp/tokyox/shoplist.html)

※東京しゃもの取扱いについては、以下のHPをご参照ください。
 渇チ賀屋
(http://www.kagaya-toriniku.com/tokyoshamo/list.htm)

※魚介類の取扱いについては、以下のHPをご参照ください。
 東京都漁業協同組合連合会
(http://www.tokyo-gyoren.or.jp/umi/)


応募資格

 高校生以上とし、個人又はグループでの応募とします。一般、プロは問いません。

 グループで応募の場合、最終審査会場での調理は、スペースの関係上、人数を制限することがあります。


審査

審査基準に基づき、8点を入賞作品として選定。
書類審査終了後、入賞者には別途、通知いたします。選考に漏れた方については改めて通知しませんので、予めご了承ください。


最終審査では、書類審査を通過した入賞作品8点の応募者によりオープンキッチンで調理実演を行い、審査員の試食により、最優秀作品1点及び優秀作品2点を決定。

審査員は、服部幸應氏、向笠千恵子氏、平野レミ氏。


公表

      最優秀作品決定!


スケジュール

募集期間

  平成24年6月18日(月)〜9月10日(月)
(必着)
                   ※募集は締切ました。

書類審査

 平成249月中旬

入賞作品展示公表

 平成24年10月6日(土)〜7日(日)   東京都食育フェア(代々木公園)


最終審査

 平成24年11月18日(日)  学校法人服部学園 服部栄養専門学校で開催




その他

 
最優秀作品及び優秀作品、審査員特別賞作品、入賞作品を表彰するとともに、副賞として東京都伝統工芸品、東京産食材等を贈呈しました。

応募いただいたレシピ等の資料は返却いたしませんので、ご了承ください。

応募いただいた料理レシピに関する一切の権利は、東京都に帰属するものとします。


実施要領

 都内産農林水産物を使用した料理コンクール実施要領

 都内産農林水産物を使用した料理コンクール募集要項




《過去の料理コンクール

第1回料理コンクール

第2回料理コンクール






  東京都産業労働局農林水産部食料安全課
  〒163-0081 新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎31階南側
  電話:03-5320-4882  FAX:03-5388-1456