東京の木多摩産材

多摩産材

東京都の多摩地域で生育した木材をいいます。
東京都は地域の木材である多摩産材の利用を進めています。

多摩産材認証制度

多摩地域で生育し、適正に管理された森林から生産された木材を多摩産材として証明する制度です(産地認証)。
多摩産材の認証は、森林関係団体、森林所有者、製材業者などで構成される「東京の木多摩産材認証協議会」により行われます。
認証制度や認証された木材を取り扱う事業者など詳細は、東京都森林組合連合会(東京の木多摩産材認証協議会事務局)をご参照ください。

多摩産材情報センター

多摩産材の利用拡大を図るため、多摩産材の調達方法や製品情報など様々な情報を提供する窓口です。

住所

東京都青梅市河辺町6-4-1 東京都青梅合同庁舎1階

電話

0428-20-1181

受付時間

9時~17時(土日祝日及び年末年始を除く。)

多摩産材の利用拡大

森林の循環(伐採、利用、植栽、保育)を促進し、森林の持つ多面的な機能の維持、増進を図っていくために、多摩産材の利用拡大に向け、取り組んでいます。

にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業

東京都内に所在し、終日多くの人が集まり、誰でも利用できる民間事業者が運営する施設(にぎわい施設)での、内装・外装の木質化工事や什器等の設置を支援します。

新製品開発による多摩産材普及事業

内装材や家具、什器等での多摩産材の利用拡大を図るため、魅力的な多摩産材製品の開発と普及に取り組む事業者を募集します。

木の香る多摩産材住宅普及事業

住宅での多摩産材の利用拡大を図るとともに、多摩産材をより多くの都民に知っていただき、その魅力や良さを感じてもらうことを目的に、住宅展示場に多摩産材を活用したモデルハウスを設置する事業者を募集します。

保育園・幼稚園等による木育推進事業

保育園や幼稚園等で木育活動を推進するため、施設の運営者等が策定した木育活動の実施に必要な経費を補助します。

建築士の木づかい

東京都内の建築物における木材利用拡大、木材利用に意欲的な建築士を支援するため、『建築士の木づかい推進事業』を実施します。

多摩産材利用啓発推進事業

多摩産材を使った家づくりを通して、森林の整備や木材利用の意義・大切さを普及PRする団体の活動を支援します。

平成27年度活動団体

  • 協同組合東京の木で家を造る会
  • 秋川木材協同組合
  • 一般社団法人多摩産材活用あきがわ木工連

とうきょう森づくり貢献認証制度

森づくり活動の実施や、多摩産材を利用した企業や都民等の方々に対し、東京の森づくりへの貢献と、二酸化炭素吸収量及び二酸化炭素固定量を認証します。

多摩産材利用開発事業(平成24年度~平成26年度)

多摩産材を活用した魅力的な製品開発や、多摩産材を普及させるための効果的なPR手法などの提案に対し助成を行いました。

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部森林課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎31階中央
電話:03-5320-4855 FAX:03-5388-1466

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader