花粉発生源対策での森林整備

花粉発生源対策での森林整備

多摩地域のスギやヒノキの人工林を、持続的に木材生産を行う生産型森林と、奥山などの保全型森林とに区分し、それぞれに応じた花粉発生源対策を推進することで、多摩地域から発生するスギ花粉の量を削減します。

多摩地域のスギ・ヒノキ林に対する取組についての説明図

生産型森林における取組

スギ林等の主伐を実施し、花粉の少ないスギ等を植栽することにより樹種更新を図ります。
伐採した木材は、公共事業や住宅などに幅広く活用して木材需要の拡大を図るとともに、作業道や木材加工施設の整備等、林業の効率化・高付加価値化を進めて、東京の林業を再生し、森林の伐採・育成が自立的に進むようにします。

生産型森林における取組(イメージ図)

保全型森林における取組

これまでの森林再生事業(都が実施する間伐)に加え、色彩豊かな森事業(小面積の伐採と広葉樹の植樹)や強度の枝打ちにより、針広混交林化を促進します。

色彩豊かな森づくり

色彩豊かな森づくり(イメージ図)

強度の枝打ち

強度の枝打ち(イメージ図)