造林・間伐等の補助制度について

森林は木材を供給するだけでなく、山地の保全、水源かん養、自然環境の保全等の多面的な機能を有しており、我々の生活になくてはならない存在です。東京都では、森林の持つこれらの機能を十分に発揮させるため、森林所有者の方々が行う、植え付け、下刈り、間伐などの森林整備作業に対して、助成を行っています。

補助の対象となる主な施業

作業名称作業内容主な採択基準
再造林・拡大造林 地拵え、植栽 2,000本/ha以上(スギ・ヒノキ)
1,000本/ha以上(広葉樹)
下刈り 雑草木の除去 林齢10年生以下
枝打ち 林木の枝葉の除去 林齢30年生以下
除伐 不用木の除去、不良木の淘汰 林齢11年生以上25年生以下
間伐 適正な密度管理のための不用木の除去、不良木の淘汰、搬出集積 林齢11年生以上
(国庫補助を受ける場合は、60年生以下で5ha以上で10m²/haの搬出が必要)
森林作業道 森林作業道の開設 延長10m以上、間伐(搬出)等の施業と一体的に実施するもの

※上記以外にも、補助対象となる作業があります。

補助金額

  • 補助金額は、都で定める事業費(標準単価)に事業量、補助率等を乗じて算出します。施業ごとの標準単価及び補助金の算出方法は、次のとおりです。

   H29森林整備事業(造林関係)標準単価総括表.pdf

補助を受けるための条件

  • 補助の対象となる面積は、原則1箇所当たり0.05ha(500m²)以上です。(作業道は10m以上)
  • この他にも、補助を受けるには必要な要件等があります。補助金の対象となるかどうかの確認、補助金の額等の詳細については、各地域を所管する東京都森林事務所(多摩地域)及び各支庁産業課(島しょ地域)にご相談ください。
東京都森林事務所 造林担当 0428-22-1159
大島支庁産業課 林務担当 04992-2-4431
三宅支庁産業課 林務担当 04994-2-1312
八丈支庁産業課 林務担当 04996-2-1113

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部 森林課 森林産業担当
電話:03-5320-4855