主な水産加工品

東京には、島しょ地域を中心に、海産物を利用した様々な加工品があります。これらの加工品は、地元で獲れた新鮮な食材を原料として作られ、各島の特産物として人気があります。

くさや(大島~八丈島)

くさや(大島~八丈島)

全国的に有名な伊豆諸島の特産加工物で、独特の塩汁(くさや汁)に漬けた魚(クサヤムロ、トビウオなど)を乾燥させて作ります。

てんぐさ(新島~神津島)

てんぐさ(新島~神津島)

トコロテンや寒天の材料として良く知られた海藻。
特に、伊豆諸島のテングサは、品質が高いことで有名です。

たたき(式根島)

たたき(式根島)

トビウオやムロアジなどを原料とした「すり身」。手作りならではの歯ごたえのある食感が楽しめます。

サメジャーキー(神津島)

サメジャーキー(神津島)

神津島の新たな特産物として生まれた製品。サメ特有の臭みが無く、大人から子供まで食べやすいジャーキーに仕上がっています。

塩から(神津島)

塩から(神津島)

伊豆諸島で獲れるケンサキイカを原料とした塩辛。ケンサキイカは、伊豆諸島で「アカイカ」と呼ばれ、美味しい高級食材として知られています。

みりん干し(小笠原)

みりん干し(小笠原)

小笠原近海で獲れるカマスサワラを原料としたもの。切り身の状態でパックされているので、そのまま焼いて食べることができます。

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部水産課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎31階中央
電話:03-5320-4848