遊漁船業の適正化に関する法律

1 遊漁船業登録

  1. 遊漁船業を営もうとする者は、都に遊漁船業の登録を受けること(5年ごとに更新)が必要です。
  2. 登録内容に変更があった場合や遊漁船業を廃止した場合には、都に変更の届出などが必要です。
  3. 登録を受けるには、遊漁船業務主任者の選任(講習会の受講、実務経験等が必要)、損害賠償保険(一人当たりのてん補額3,000万円以上に加入)を満たす必要があります。満たしていない場合は、登録が拒否されます。

2 遊漁船業者の義務

遊漁船業を営むには、遊漁船業者の登録を受けるほか、次のことを守ることが義務づけられます。

  1. 業務規程の作成・届出
  2. 気象情報の収集等
  3. 利用者名簿
  4. 採捕規制の内容の周知
  5. 標識の掲示
  6. 名義利用の禁止

3 遊漁船業務主任者

(1)遊漁船業務主任者の選任基準は、次のとおりです。

  1. 海技士(航海)又は2級以上の小型船舶操縦士の免許を受けている者。
  2. 遊漁船業に1年以上の実務経験を有する者又は遊漁船業務主任者の指導による10日以上の遊漁船における実務研修(1日につき5時間以上実施されるものに限る)。
  3. 遊漁船業務主任者講習会を終了したものであって、終了証明書の交付を受けた日の属する年の翌年の1月1日(当該交付を受けた日が1月1日である場合には、同日)から5年を経過していない者。
  4. 知事の業務改善命令により遊漁船業務主任者を解任され、解任の日から2年を経過しない者は、遊漁船業務主任者にはなることができません。
  5. 遊漁船業者登録の拒否要件法第6条第1項から第6号までのいずれか)に該当する者は、遊漁船業務主任者になることはできません。

(2)遊漁船業務主任者の業務

  1. 遊漁船における利用者の安全管理を行うこと。
  2. 漁場の選定を行うこと。
  3. 利用者に対し、適正に水産動植物を採捕するために必要な指導及び助言を行うこと。
  4. 海難その他の異常の事態が発生した場合において、海上保安機関その他の関係機関との連絡に係る責任者に連絡を行うこと。
  5. 遊漁船における利用者の安全の確保及び利益の保護並びに漁場の安定的な利用関係の確保に必要な業務を行うこと。

遊漁船業登録のご案内

(手続き及び登録後の遵守事項)
(遊漁船業務主任者講習会のご案内)

1 登録申請について

手続き方法、申請に必要な書類などを説明しています。
これから遊漁船業を始めようとする皆様は、まずこちらをご覧ください。

 2 登録後の手続き、遵守事項について

遊漁船業登録表、プレートの作成方法や、登録後、遊漁船業者として守らなければならない事項について説明しています。

3 遊漁船業務主任者

遊漁船業務主任者の選任基準は、次のとおりです。

  1. 海技士(航海)又は2級以上の小型船舶操縦士の免許を受けている者。
  2. 遊漁船業に1年以上の実務経験を有する者又は遊漁船業務主任者の指導による10日以上の遊漁船における実務研修(1日につき5時間以上実施されるものに限る)。
  3. 遊漁船業務主任者講習会を終了したものであって、終了証明書の交付を受けた日の属する年の翌年の1月1日(当該交付を受けた日が1月1日である場合には、同日)から5年を経過していない者。
  4. 知事の業務改善命令により遊漁船業務主任者を解任され、解任の日から2年を経過しない者は、遊漁船業務主任者にはなることができません。
  5. 遊漁船業者登録の拒否要件法第6条第1項から第6号までのいずれか)に該当する者は、遊漁船業務主任者になることはできません。

遊漁船業務主任者の業務

  1. 遊漁船における利用者の安全管理を行うこと。
  2. 漁場の選定を行うこと。
  3. 利用者に対し、適正に水産動植物を採捕するために必要な指導及び助言を行うこと。
  4. 海難その他の異常の事態が発生した場合において、海上保安機関その他の関係機関との連絡に係る責任者に連絡を行うこと。
  5. 遊漁船における利用者の安全の確保及び利益の保護並びに漁場の安定的な利用関係の確保に必要な業務を行うこと。

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部水産課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎31階中央