第9次東京都職業能力開発計画の策定について

報道発表資料 [2012年3月掲載]

平成24年3月29日
産業労働局

東京都では、現下の経済雇用情勢に的確に対応した職業能力開発行政を推進していくため、職業能力開発促進法第7条に基づき、「第9次東京都職業能力開発計画」を策定しました。

第9次東京都職業能力開発計画の概要

1 東京都職業能力開発計画とは(別紙1参照)

本計画は、職業能力開発促進法第7条に基づき、国の策定する職業能力開発基本計画を受けて、東京都における職業能力開発に関する基本となる計画として策定するものです。

※国において職業能力開発基本計画を平成23年4月15日に公表しています。
※同法同条に基づき、本計画の案を作成するにあたっては、あらかじめ事業主、労働者団体から意見を伺いました。

計画期間は、平成23年度から平成27年度までの5年間です。

2 施策の体系等(別紙1参照)

3つの基本的方向性を掲げ、施策を展開していきます。

  • 方向性1 東京の産業の成長を支える人材の育成・確保の促進
  • 方向性2 セーフティネットを強化し雇用の安定と質の向上を図る職業能力開発の推進
  • 方向性3 効果的・効率的な職業能力開発の推進

※別紙1 第9次東京都職業能力開発計画の概要について

3 第9次計画で重点的に取り組む施策

基本的方向性を踏まえ、都が果たすべき役割として第8次計画(計画期間:平成18年度~平成22年度)で明確にした「推進役」「プレーヤー」としての取組を強化・充実し、経済雇用情勢や産業構造の変化に的確に対応しつつ、東京の産業の成長を支える人材の育成・確保の推進とセーフティネットの更なる強化を図ります。

別紙2参照

※参考資料 第9次東京都職業能力開発計画

お問い合わせ

産業労働局雇用就業部調整課
電話:03-5320-4733

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader