トップページ > 東京の伝統工芸品とは > 「地域団体商標登録」を受けている東京の伝統工芸品

「地域団体商標登録」を受けている東京の伝統工芸品

東京の伝統工芸品は、現在、下記の13商標が「地域団体商標」の登録を受けています。

商標 江戸押絵羽子板 (えどおしえはごいた)

商標登録 第5026441号
権利者
  東京都雛人形工業協同組合
  (東京都台東区柳橋2-1-9)
 
商品・サービスの特徴
 江戸押絵羽子板は、厚紙等の台紙に綿を布でくるんで厚みをもたせ部分品をつくり、それらをつなぎ合わせて立体的な絵を作り、板に取り付けたもので、その図柄は歌舞伎、錦絵、日本画を題材とし、伝統的な技術技法により、すべて手作り、顔も手描きで製作されております。また組合指導の下、製品管理の徹底、品質の向上、新製品開発等を行っております。

連絡先:03-3861-3950
関連HP:
http://www1a.biglobe.ne.jp/hina-ko/
江戸押絵羽子板 江戸押絵羽子板
指定商品又は指定役務
  東京に由来する製法により東京都墨田区・葛飾区で生産された押絵羽子板

商標 江戸衣裳着人形 (えどいしょうぎにんぎょう)

商標登録 第5026442号
権利者
  東京都雛人形工業協同組合
  (東京都台東区柳橋2-1-9)
 
商品・サービスの特徴
 東京で生産される「江戸衣裳着人形」の歴史は古く、江戸に幕府が移ると間もなく京、大阪から人形職人が移り住みその後、江戸の繁栄と共に盛んになってゆき、幕府の度重なる奢侈禁止令のために、大きさの制限、華美な物の禁止等の制限を受け、次第に江戸の粋をまとった小さくて独自な形になり、現在の精緻なつくりと、落ち着いた色合いが特徴の「江戸衣裳着人形」になってきました。平成19年には「江戸甲冑」と共に「江戸節句人形」として伝統的工芸品の指定を受け一層、皆様に愛される人形つくりを目指して活動してまいります。

連絡先:03-3861-3950
関連HP:
http://www1a.biglobe.ne.jp/hina-ko/
江戸衣裳着人形
指定商品又は指定役務
 東京に由来する製法により東京都足立区・荒川区・葛飾区・杉並区・台東区で生産された衣裳着人形

商標 江戸木目込人形 (えどきめこみにんぎょう)

商標登録 第5026443号
権利者
  東京都雛人形工業協同組合
  (東京都台東区柳橋2-1-9)
  岩槻人形協同組合
  (埼玉県さいたま市岩槻区本町5-6-44)
 
商品・サービスの特徴
 彫刻作品のように、基本であるボディ作りから作家の感性が活かせるため、人形に個性がはっきり出ます。また、自在に人形のカタチを作れるので、変化に満ちた独創的な作品が数多く見られます。まさに職人の技が生きる本物の手作り人形です。型崩れせず、何年も元のカタチで保存できます。
 小さいものでも品格があり、高級感にあふれ、飾るのに場所を取りません。

連絡先:03-3861-3950
関連HP:
http://www1a.biglobe.ne.jp/hina-ko/
江戸木目込人形
指定商品又は指定役務
  東京に由来する製法により東京都荒川区・足立区・墨田区・台東区及び埼玉県さいたま市岩槻区で生産された木目込人形

商標 江戸木版画 (えどもくはんが)

商標登録 第5027720号
権利者
  東京伝統木版画工芸協同組合
  (東京都文京区水道2-4-19)
 
商品・サービスの特徴
 木版画の歴史が古く、約1,200年前に木版を利用して衣服の紋様を表した蛮絵(ばんえ)が正倉院に所蔵されています。江戸時代に下絵を書く絵師、版木に彫る彫師、紙に摺る摺師の分業体制が形成され、歌麿、北斎、広重等の精緻な表現技法の確立により完成の域に達しました。
 「江戸木版画」は、部屋のインテリアや贈答品として最適です。「江戸木版画」は経済産業省により伝統的工芸品にも指定されています。

連絡先:03-3830-6780
関連HP:
http://www.edohanga.jp/
江戸木版画
指定商品又は指定役務
  東京に由来する製法により東京都荒川区・新宿区・足立区・台東区・中央区・文京区・目黒区・練馬区・西東京市・千葉県松戸市及び茨城県常総市において生産された木版画

商標 江戸甲冑 (えどかっちゅう)

商標登録 第5030080号
権利者
  東京都雛人形協同組合
  (東京都台東区柳橋2-1-9)
 
商品・サービスの特徴
  「江戸甲冑」は、江戸で活躍した、主に人形師達の手による実物さながらに作られた飾り甲冑に遡ることができます。更に工夫・研究を重ね、現在でも実物の技法・意匠を随所に織り込み作られているものが多いのが特徴です。「江戸衣裳着人形」と共に伝統的工芸品「江戸節句人形」としての指定を受けております。 

連絡先:03-3861-3950
関連HP:
http://www1a.biglobe.ne.jp/hina-ko/
江戸甲冑
指定商品又は指定役務
 東京に由来する製法により東京都荒川区・葛飾区・墨田区・台東区・文京区で生産された五月人形として飾るための甲冑

商標 江戸指物 (えどさしもの)

商標登録 第5043503号
権利者
  江戸指物協同組合
  (東京都荒川区東日暮里2-44-10)
 
商品・サービスの特徴
  江戸指物は、日常家具でありながら「木」という素材をもっとも美しく見せることを目指した工芸品である。その美しさは「仕口」という木と木を継ぐ繊細な技術と、職人の木を大切にする心に支えられている。具体的には、「継ぎ目をなるべく見せない」、「美しい木目のじゃまをしない」、「長持ちするように堅牢に作る」、「女性のような、細く柔らかい線を出す」、これらを満足させることができれば、「粋」な江戸指物ができあがる。

連絡先:03-3801-4676
関連HP:
http://home.e01.itscom.net/edosashi/
江戸指物
指定商品又は指定役務
 東京都台東区及びその他周辺地域において生産される家具

商標 江戸切子 (えどきりこ)

商標登録 第5085277号
権利者
  江戸切子協同組合
  (東京都江東区亀戸4-18-10)
 
商品・サービスの特徴
 江戸切子の歴史は古く天保5年加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラス面に彫刻を施したことが始まりとされ江戸時代後期庶民の間に広く受け入れられました。素材は透明なガラスと色を薄く被せた色被せ硝子があります。以来今日までその技術・技法は我々組合員に受け継がれ現在は新しいデザインを取り入れ江戸の粋を現代のお客様にも愛されるよう努力しています。江戸切子は経済産業大臣指定伝統的工芸品、東京都指定伝統工芸品に指定されて、東京のブランド品として皆様に親しまれています。

連絡先:03-3681-0961
関連HP:
http://www.edokiriko.or.jp/
江戸切子
指定商品又は指定役務
 東京地方に由来する製法により東京都江東区・墨田区・葛飾区・江戸川区及びその周辺で生産されたガラス製の徳利・杯・皿・銚子など、東京都江東区・墨田区・江戸川区及びその周辺で行われる東京地方に由来するガラスの加工

商標 江戸からかみ (えどからかみ)

商標登録 第5100407号
権利者
  江戸からかみ協同組合
  (東京都台東区東上野6-1-3 
   東京松屋ショールーム・ショップ内)
 
商品・サービスの特徴
 「江戸からかみ」は、和紙に様々な装飾を施して作られた工芸品です。用途は建築の内装材料のふすま紙や壁紙として使われています。平安の京の都に始まり、江戸の町人文化として支えられ受け継がれてきた「江戸からかみ」はあたたかなかなぬくもりのある美しい意匠に富んだ素材です。
 東京都指定伝統工芸品、経済産業大臣指定伝統的工芸品

連絡先:03-3842-3785
関連HP:
http://www.tokyomatsuya.co.jp/
江戸からかみ
指定商品又は指定役務
 東京都・千葉県柏市・埼玉県加須市・埼玉県鳩ヶ谷市・埼玉県比企郡小川町で生産された襖・壁・天井・障子・屏風用の加飾された和紙

商標 東京銀器 (とうきょうぎんき)

商標登録 第5111397号
権利者
  東京金銀器工業協同組合
  (東京都台東区東上野2-24-4)
 
商品・サービスの特徴
 金属工芸の粋ともいうべき「東京銀器」は、優雅で長持ちしてそのうえ無害という性質上、今も器物、置物、洋食器、仏具、身辺細貨など、日常生活に広い分野で利用され、これらのほとんどが東京で製造されています。

連絡先:03-3831-3317
関連HP:
http://www.tokyoginki.or.jp/
東京銀器
指定商品又は指定役務
 東京産の銀製食器類・銀製宝石箱・銀製記念たて・銀製花瓶及び水盤など

商標 東京染小紋(とうきょうそめこもん)

商標登録 第5127140号
権利者
  東京都染色工業協同組合
  (東京都新宿区西早稲田3-20-12)
 
商品・サービスの特徴
 東京染小紋は、室町時代よりさかのぼり、当初は武具である鎧の革所や家紋等に用いられていたもので、武具の日常着など、衣服にも染められるようになりました。
 技術的に発達し、広く普及したのは江戸が主産地として江戸時代はじめ、中期には町人文化の発達と共に小紋や身分や時代を超えて一般の人々に愛されるようになりました。
 今日では、単色小紋の持つ渋さと粋でおしゃれな多色染めとさまざまな商品を提供しています。長い伝統に培われた感覚と技術が優秀な後継者達によって受け継がれています。

連絡先:03-3208-1521
関連HP:
http://www.tokyo-senshoku.com/komon/index.html
東京染小紋
指定商品又は指定役務
 東京都で染色した小紋染絹織物

商標 江戸更紗 (えどさらさ)

商標登録 第5127141号
権利者
  東京都染色工業協同組合
  (東京都新宿区西早稲田3-20-12)
 
商品・サービスの特徴
 更紗が日本に伝えられたのは、室町から桃山時代で、南蛮美術華やかなりし頃、徳川300年の歴史の中で培われた江戸文化。
 江戸更紗は、そこはかとなくエキゾチックな草花、人物、動物、鳥などの更紗模様を、我が国の染色技法で染上げたもので、型紙摺りの手法を得て、異国情緒を漂わせながら、深い渋味のある味わいを持ち、日本の風土と独特の美意識、そして型紙摺り技法の発展による職人の努力によって発展してきました。
 江戸時代から長い間培われてきた伝統工芸品が、今、ここ東京にも蘇っているのです。

連絡先:03-3208-1521
関連HP:
http://www.tokyo-senshoku.com/sarasa/index.html
江戸更紗
指定商品又は指定役務
 東京都で更紗染めした綿織物及び絹織物

商標 東京無地染 (とうきょうむじぞめ)

商標登録 第5127142号
権利者
  東京都染色工業協同組合
  (東京都新宿区西早稲田3-20-12)
 
商品・サービスの特徴
 昔より、衣服の最も基本的な染付けは無地染(浸染)であり草木の液を布地に色付けする事から始まりました。奈良平安時代には我が国の技術・技法が確立され触媒の発展から大きな進歩を遂げました。
 江戸時代を代表する江戸紫は、武蔵野に自生した紫根からの産物で、歌舞伎の団十郎扮するところの助六愛用の鉢巻となり封建時代に於ける庶民文化の中に隆盛をきわめました。
 東京無地染は、更なる染料の発展と継承された、優れた技術で逸品を作り上げています。

連絡先:03-3208-1521
関連HP:
http://www.tokyo-senshoku.com/muzi/index.html
東京無地染
指定商品又は指定役務
 東京都で無地染めした織物

商標 江戸小紋 (えどこもん)

商標登録 第5246082号
権利者
  東京都染色工業協同組合
  (東京都新宿区西早稲田3-20-12)
 
連絡先:03-3208-1521
関連HP:
http://www.tokyo-senshoku.com/komon/index.html
江戸小紋
指定商品又は指定役務
 東京都で染色した小紋染織物

商標 東京手描友禅 (とうきょうてがきゆうぜん)

商標登録 第5488669号
権利者
  東京都工芸染色協同組合
  (東京都新宿区中落合3-21-6)
 
商品・サービスの特徴
 東京手描友禅は、色数をおさえた粋なデザインを特色とし、地味な感じの中にも明るい色調と新しさのあるデザインを特徴としております。

連絡先:03-3953-8843
関連HP:
http://www.tokyotegakiyuzen.or.jp/
東京手描友禅
指定商品又は指定役務
 東京都で手描友禅染した織物
 (畳べり地を除く。)
ページの先頭へ戻る