トップページ > 伝統工芸品の紹介 > 16 江戸指物(えどさしもの)

16 江戸指物(えどさしもの)

16 江戸指物(えどさしもの)
主な製造地
台東区、荒川区、江東区ほか
指定年月日
昭和58年8月1日
平成9年5月14日(国)
伝統的な技術・技法
  1. 板の接合は、矧接(はぎつぎ)、端嵌(はしばめ)接、平打接、組手接又は留接による。
  2. 框(棒)の接合は、相欠接(あいかきつぎ)、ほぞ接(ほぞつぎ。原文は「ほぞ」は漢字)又は留接による。
  3. 塗りは、拭漆(ふきうるし)、ろいろ塗り、塗り立て又は目弾き塗りによる。加飾をする場合には、蒔絵(まきえ)、螺鈿(らでん)等による。
伝統的に使用されてきた原材料
木地は、クワ、ケヤキ、キリ、スギ又はこれらと同等の材質を持つ用材とする。
漆は、天然漆とする。
沿革と特徴

指物の「指す」は「差す」ともいい、物差しで板の寸法を測り、しっかり組合わせふたや引き出しのある箱物類を作ることをいいます。

指物の歴史は京都が長く、平安時代の宮廷文化までさかのぼることができ、当時は大工職の手でつくられていました。専門の指物師が生まれるのは室町時代以降、武家生活の中で、棚類、箪笥類、机類の調度品が増え、また茶の湯の発達に伴い箱物類など指物への需要が増えてからのことといわれます。こうした指物師は、戸障子(建具職)、宮殿師みやし(宮大工)、桧物師ひものし(曲物師)などともに大工職から分化していったものでした。

京都の指物は、朝廷や公家用のもの、茶道用のものが発達し、雅や侘の世界の用具として愛用されてきました。

これに対し江戸指物は、将軍家、大名家などの武家用、徳川中期以降台頭してきた商人用、そして江戸歌舞伎役者用(梨園指物)として多く作られ今日に至っています。

桑、欅、桐など木目のきれいな原材料を生かし、外からは見えないところほど技術を駆使し、金釘打をほどこしたりしないで作られる江戸指物には、職人の心意気が感じられます。

切る、削る、突く、彫るという四つに集約される指物の技には、頑固なまでの職人の個性が感じられます。

木という生き物を相手にする、この世界に「硬い」「甘い」「とろい」「しぶい」「まろやか」「なま」など独特の形容詞があるのは、この間の事情を物語るものといえましょう。

連絡先
産地組合名江戸指物協同組合
所在地〒110-0003 台東区根岸5-9-17 戸田指物内
電話03(3801)4676
ページの先頭へ戻る