トップページ > 伝統工芸品の紹介 > 6 東京手描友禅(とうきょうてがきゆうぜん)

6 東京手描友禅(とうきょうてがきゆうぜん)

6 東京手描友禅(とうきょうてがきゆうぜん)
主な製造地
新宿区、練馬区、中野区ほか
指定年月日
昭和57年12月24日
昭和55年3月3日(国)
伝統的な技術・技法
  1. 下絵は、青花等を用いて描く。
  2. 防染は、糸目糊、白付け糊、堰(せき)出し糊、伏せ糊、又はろう(原文は「ろう」は漢字)描きによる。
  3. 挿し及び描き染めは筆又は刷毛(はけ)を用いる。
  4. 紋章上絵(もんしょううわえ)は、毛描き又は紋章彫刻をした型紙を用いる刷り込みによる。
  5. 刺繍(ししゅう)は、手刺繍による。
伝統的に使用されてきた原材料
絹織物
沿革と特徴

友禅染めは、江戸時代の貞享年間(1684−87)に、京都の絵師、宮崎友禅斎が創始したといわれています。

宮崎友禅斎、本名は日置清親(ひおききよちか)、号を友禅といいました。「好色一代男」に、「扇も十二本祐善(友禅のこと)が浮世絵」とあるように扇面絵師として知られていました。ある時、呉服屋の依頼により、小紋模様の図案を描いたところ、大変な人気を呼びました。それは、それまでの染め物と違って、多彩色の模様染めであったからといわれています。我が国美術史上で名高い尾形光琳も友禅を手がけ、その作品が残っています。

徳川家康が江戸幕府を開設(1603年)したおり、大名のお抱え染め師や絵師などが、京から移り住むようになり、各種技術・技法が伝承され、いろいろな織物や染物が作られるようになりました。染め物に水は欠かすことのできない重要な要素です。神田川沿いに数多くの染師が住んでいました。

延宝元年(1673)に日本橋に越後屋呉服店(現・日本橋三越)が開設されその染工場が神田川上流の東京山の手(現在の新宿区高田馬場付近)につくられました。今日でも、新宿区に最も多く立地しています。東京手描友禅は、構想図案から、下絵友禅挿し(下絵の文様に色づけすること)、仕上げまでの工程が作者の一貫作業であり、単彩のなかにも秘めた美しさと気品が特徴です。

連絡先
産地組合名東京都工芸染色協同組合
所在地〒161-0032 新宿区中落合3−21−6
電話03(3953)8843
ページの先頭へ戻る