都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について

平成29年6月23日

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターでは、今般の東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、自然界に通常存在しない放射性物質の測定を行っています。以下に、その測定結果を速報でお知らせします。
測定方法としては、大気浮遊塵に含まれる放射性物質を捕集して行うことから、測定結果の数値については、それらの放射性物質が放射線を出す能力(単位はベクレル:Bq)を表しています。
例えば、10Bq/m3の場合、1m3の空間の中に、1秒間に10個の放射線を出す能力のある放射性物質が存在していることを意味します。

お知らせ

平成28年9月16日
特別検査体制の終了について
平成28年9月 9日
北朝鮮核実験実施発表に伴う特別検査体制について
平成28年1月15日
特別検査体制の終了について

大気浮遊塵中の放射性物質に関するQ&A

平成29年6月

過去のデータ

過去のお知らせ

お問い合わせ

大気浮遊塵中の核反応生成物のホームページでの公表について
産業労働局総務部広報担当
電話:03-5320-4862(直通)
大気浮遊塵中の核反応生成物の測定について
地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
経営企画部 広報室
電話:03-5530-2521(直通)

関連情報

東京都福祉保健局

政府・独立行政法人等

Measurement of nuclear fission products of dust particles in the air in Tokyo

June 23 2016

Following the accident at TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, the Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute has been measuring radioactive materials that do not normally exist in the natural world.
The following is a flash report on the results of measurements.

Because airborne radioactive materials are collected for measurement, the measurements results are expressed in capability of those radioactive materials to emit radiation (unit: Becquerel (Bq)).

For example, 10 Bq/m3 means that radioactive material(s) capable of 10 events of radiation emission per second exist in 1 cubic meter of air.

Q&A about the measurement of the nuclear fission products of dust particles in the air

June 2017

Past data

お問い合わせ

Re announcements on the website for airborne nuclear reaction products
Public Relations, General Affairs Division, Bureau of Industrial and Labor Affairs
Tel: 03-5320-4862 (direct line)
Re measurements of airborne nuclear reaction products
Public Relations Section, Management and Planning Department
Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute
Tel: 03-5530-2521 (direct line)

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader