東京都は、安全・安心な農産物を消費者に届けるとともに環境に負荷をかけない農業を推進するため、「東京都エコ農産物認証制度」を開始しました。

この制度は、化学合成農薬と化学肥料を削減して作られる農産物を都が認証する制度です。
今後、認証された農産物が「東京都エコ農産物」として直売所などに並びますので、
是非、東京都の認証マークの付いた農産物をお買い求め下さい。

認証農産物の種類や生産者名、販売場所などは、「認証生産者」ページをご覧下さい。


「東京都エコ農産物認証制度」ここがポイント

  1. 東京都エコ農産物とは、土づくりの技術や化学合成農薬と化学肥料削減の技術を導入し、都の慣行使用基準* から化学合成農薬と化学肥料を削減して作られる農産物です。化学合成農薬と化学肥料の削減割合は、25%以上、50%以上、不使用の3区分で認証します。
    * 慣行使用基準とは、都内の通常の栽培における化学合成農薬と化学肥料の使用実態を調査して決めたものです。
  2. 都が、認証農産物の安全性を確認しPRします。農産物の栽培状況を確認するとともに残留農薬分析を実施して、都のホームページで情報提供します。
  3. 生産者は、認証農産物に認証マークをつけて販売することができます。
    都は、認証農産物のPR に努め、販路拡大のため、食品事業者や消費者へ認証マークと制度の周知を図ります。


詳しくは、以下の資料をご覧下さい

東京都エコ農産物認証制度パンフレット
東京都エコ農産物認証制度リーフレット
東京都エコ農産物認証制度ポスター

このページのトップへ