とうきょう特産食材使用店登録制度とは

都民の食の安全安心に対する関心や地産地消を求める声が高まる一方で、生産量及び流通量が限られている都内産農林水産物については、消費者に十分に認知されていない状況にあります。東京都では、都内産農林水産物を積極的に使用している飲食店等を「とうきょう特産食材使用店」として登録し、PRすることにより、飲食店等における地産地消の取組拡大や消費者の都内産農林水産物への理解促進を図り、消費及び生産の拡大を目指します。

とうきょう特産食材使用店になると

登録店をホームページやパンフレット等で、紹介します。

登録証、「とうきょう特産食材使用店」の木製ボード等を提供します。

都内産農林水産物に関する情報を提供します。

申請する条件は

都内(区部及び多摩地域)で営業している飲食店等で、以下の取組みをしていること。

  • 都内産農林水産物を食材としておおむね年間を通じて使用している。
  • 使用している都内産農林水産物の情報を来店者に提供している。
  • 地産地消の推進につながる取組を行っている。
  • 今後もさらに都内産農林水産物の使用をすすめる。
  • 都の食育・地産地消推進の施策等に協力する。

申請方法

登録を希望する方は、下記「とうきょう特産食材使用店登録申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、所定の写真を添えて、郵送にて食料安全課宛お申し込みください。また、インターネットで閲覧できない場合は、食料安全課で申請書を配布しておりますので、ご連絡ください。
(現在受付は終了しています)

とうきょう特産食材商談交流会の
参加者(飲食店事業者等)を募集します!
開催日:10月18日(火)/申込:10月7日(金)まで

          
(締切を延長しました)

NEW
とうきょうを、食べよう。

スタンプラリーを実施します!

10月1日(土)〜11月30日(水)まで


※詳しくは、下の「お知らせ」をご覧ください。

とうきょう特産食材使用店の責務

トップへ

とうきょう特産食材使用店はこちらのボードが目印です

とうきょう特産食材使用店

トップへ

とうきょう特産食材使用店店舗一覧

トップへ

とうきょう特産食材から探す

※食材によっては季節や仕入状況等により常時使用していない場合もあります

トップへ

お知らせ

  
1 とうきょう特産食材商談交流会の参加者(飲食事業者等)を募集します!


〜東京都が、新鮮で、安全安心な、とうきょう特産食材の生産者との出会いをご支援します〜


◆日時:平成28年10月18日(火) 午後2時〜4時
◆会場:練馬区立区民・産業プラザ(Coconeri) 
◆内容:都内産食材の生産者等の出展、商談 

 ※会場地図や、出展予定品目・出展予定者一覧はチラシをご覧ください。
 ※参加申込書はチラシ裏面になっています。(FAXまたはメールでお申込みください)
 ※申込受付は、10月7日(金)までとなっています。(締切を延長しました)

 ☆チラシはこちらです→とうきょう特産食材商談交流会チラシ(兼 申込書)


2 とうきょうを、食べよう。スタンプラリーを実施します!

〜地産地消の一層の拡大に向け、都内産の農林水産物を使用しているお店の料理を食べてまわる「とうきょうを、食べよう。スタンプラリー」を実施します〜

◆実施期間:平成28年10月1日(土)〜11月30日(水)
◆対象店舗:「とうきょう特産食材使用店」登録店→こちら

 ※スタンプラリーの参加方法については、下のチラシをご覧ください。

 
☆チラシはこちら→スタンプラリーのチラシ☆

****************************************************************

トップへ

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部食料安全課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎31階南
03-5320-4882
このホームページは無断転載禁止です。

トップへ